革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2021/09/13

[CHANEL] シャネルカメリアの財布の染め直し

こんにちは!今回のご紹介は、シャネル カメリアラムスキン二つ折り財布の染め直し修理です!

状態としましては、おもて面の革に長年使用した際にできたと思われるスレ、スレが少し進行した軽微なヒビ割れがある状態でした。シャネルのラムスキンはお持ちの方はよくご存知かとおもいますが、非常に柔らかい繊細な革を使用しているため普通に使っていても、よほど白手袋を使うような過剰な使い方をしない限りスレてしまうのは極当然な現象です。

このラムスキンは上記でも申し上げましたように、修理する者にとってもかなり気を使います。ちょっとしたひっかかりで傷がついたりしますので最後まで気を抜けません。

いつものように表面クリーニング→軽く研磨→脱脂→表面形成(ここでヒビを慣らす特殊な技術が)→色付け→色止め→オイリング。

正確には上記の表面形成以降、研磨、刷り込み、塗布、研磨、刷り込み・・・と何度も繰り返してゴールに近づけていくわけです。というのも、一度に早くしようとするとどうしても荒くなり「修理しました」感がでてしまうためです。少しづつ革の様子を見ながら見極めていくのです。

 

ではちょっと写真では分かりにくいですがbefore after の写真でご覧ください。

[before]

   

[after]

 

シャネルのロゴ ココマークの周りにヒビ状のスレがあるのがお分かりでしょうか?

施工後は目立たなくなっています。

 

[before]

[after]

 

こちら側もホック周りのスレが目立たなくなっています。写真ではわかりませんが、このラムスキンは本当に吸い付くような柔らかさ!これを所有すると満足感は高いでしょう。

 

[before]

[after]

 

被せの裏側はそれほど傷んではいませんが、ちょっとしたスレはやはりあります。ちなみにここもすごく柔らかいです。

 

 

[before]

[after]

 

違う角度から。被せの下回り折れ目に向かって細かなスレが多数あります。

やり過ぎますとカメリアの特徴のフラワーの型が埋まってしまう可能性もありますので慎重さが求められます。

 

※皮から革へ

革は元々は動物の皮膚です。文字通り「革」ではなく「皮」です。「皮」はそのまま放置するとやがて乾燥してカチカチになったり、腐敗してしまいます。タンニンやクロムを皮に融合させ時間が経っても変化しない「革」へとなり、タンナーと呼ばれる専門業者にて色付けや表面加工でシボ付け等を施して、ようやくブランド工房や各施工技術者の手元に渡り、バッグや財布、革ジャンやソファー等各種革製品となりエンドユーザーに届けられるわけです。

革は修復できて合成皮革はリペアでは修復できない理由がここにあります。何度も言いますが、「革」は元々は動物の皮膚ですから肉眼ではほとんど見えませんが表面には毛穴があります。ここに修復剤が有効に入り込むことで表面が綺麗に修復されていくのです。では合成皮革はどうかというと、主に石油を原料とした人口的に作りだした言葉の表現は乱暴ですがいわゆるビニールに近いものです。当たり前ですが合成皮革には毛穴はありません。ですので合成皮革はそのままの素材ではレザーリペアでは修復できないのです。

では合成皮革はデメリットしかないのかといえばそうではありません。合成皮革は人工的に作るわけですから、天然の革では難しいとても薄い素材を使って柔らかさが要求されるような箇所に使われたりします。現に名だたる有名ブランドでも本体は本革でも内側は合成皮革というのはどのブランドでも目にします。合成皮革は劣化してボロボロ、ベタベタになりますがそれは張り替えで解決できます。この張り替えについてはまた別の機会でお話させていただきます。

では、また次の機会で!

 

思い入れのある革製品は簡単には捨てられない!そんな方はぜひお気軽にご相談ください。直接ご来店できない方でもトップページにあります「ライン公式アカウント」で数枚お写真を送りいただくと概算のお見積りをさせていただきますので簡単です。もちろんお見積りは無料です!

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 大垣店

代表者 福元 健吾
所在地 岐阜県大垣市中川町1丁目24番地
※ご来店の際は事前にご連絡下さい
TEL 0584-51-5742/080-4544-0964

対応エリア
岐阜県全域 その他宅配便対応可

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP