革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2021/09/15

[Louis Vuitton] ルイヴィトンバッグのコバ再生と補色

こんにちは!本日岐阜は大変いい天気となっていますが、台風が近づいている地域の方は十分に気をつけて危険が予測された場合はいち早く迷わず命を守る行動をとってください。

 

さて、今回は前回に続きましてルイヴィトンの修理です。

 

といっても同じバッグではありませんが、ルイヴィトン アンプラント ハンドバッグの持ち手のコバ材(革の断面を保護しているシリコン状の保護材)の再生修理部分補色です!個人的にはアンプラントは大好きで何度手に触れてもこの革の質感は素晴らしい。

 

当店でもよくコバ補修のご相談をいただきますが、持ち手は直接手で触れて負荷がかかる部分ですので使ううちにコバ材が剥がれていきます。そんなに簡単に剥がれたりするものではありませんが、当然バッグには中に物を入れて持ち歩きますよね。荷重のかかったバッグを片手に持って歩くのを想像してみますと、持ち手トップがまず初めにダメージを受けます。そしてこの「歩く」というところが大事なポイントで、歩くことによって持ち手に「ねじれ」が生じます。コバ施工してある部分というのは、革を合わせた箇所をコバ材で保護して一つに合わせてありますので「ねじれ」が反復運動で繰り返されると、やがて耐え切れなくなるとコバ材がめくれてきます。そのまま使い続けると欠損という状態になります。

 

まだまだ使い続けますと、革断面がむき出しになっているわけですから断面がスレて革の繊維が解けてきたり、合わせた革周りの縫製が緩んできたりして持ち手自体が今度は「変形」してきます。この変形してしまうと大変なのです。コバを再生しようにも革がズレていたり変形によって革の間がいびつな形になって持ち手を交換しなければコバの修理ができないというようなケースも。

 

では before after の写真でご覧ください。

[before]

   

[after]

 

持ち手の内側、合わせた箇所に施工前は何も無く、施工後は一本の線のようにコバ材で合わさっていることがお分かりでしょうか?

 

[before]

[after]

 

この写真ではもう少し分かりやすいかとおもいます。

持ち手は元々は一枚の革に持ち手の中に「芯材」というものを入れて芯材を巻き込むように覆って合わせた箇所を縫製して、上記のように合わさる部分にコバ材を施して守ります。施工前ではこの合わさる部分にコバ材が無いことが分かるとおもいます。

 

[before]

[after]

 

こちらの写真は、いつものように私の写真撮影技術の無さで分かりにくいですがバッグ本体の縁は施工前は少し色が剥げているのが分かりますでしょうか?こちらは損傷はありませんので補色という形で修理させていただきました。

 

 

[before]

[after]

 

この写真もコバが修復されていることがよく分かるとおもいます。

 

コバなんて普段気にしたこともなかった!という方もおみえになるかとはおもいます。コバは地味な存在ではありますが、持ち手に限らずバッグ本体の縁、財布の縁、ショルダーベルトの縁等、革の断面を守るためのものと覚えてください。

コバの語源は「木端」です。昔は木の端面、木の断面のことを木端(コバ)と呼んでいたものをイメージそのままに革にも同じ意味を持たせたものなのでしょう。コバむき出しでも、それを生かしたデザインのものであればいいのですが、通常むき出しですと革の繊維は解けてきたり、汚れが浸透して黒ずんできたりしますので元々コバ処理されていたのであればやはりできるだけ早めにコバ修理したほうがよさそうです。

さて次回はどんなお話しができるのか。お楽しみに!!

 

思い入れのある革製品は簡単には捨てられない!そんな方はぜひお気軽にご相談ください。直接ご来店できない方でもトップページにあります「ライン公式アカウント」で数枚お写真を送りいただくと概算のお見積りをさせていただきますので簡単です。もちろんお見積りは無料です!

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 大垣店

代表者 福元 健吾
所在地 岐阜県大垣市中川町1丁目24番地
※ご来店の際は事前にご連絡下さい
TEL 0584-51-5742/080-4544-0964

対応エリア
岐阜県全域 その他宅配便対応可

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP